« 馬車は草地を | トップページ

番外編

「dongri9.m4v」をダウンロード

宮澤賢治作 童話集「注文の多い料理店」序

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびらうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。
 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

   大正12年12月20日          宮 澤 賢 治

朗読:みさきすずか

§ 当サイトは、iTunesでのビデオキャストを目的とした仕様のため、その場でみられる機動性に欠けていました。

このたび、YouTube にアップした画像を併置する処理をすませ、画質も大幅によくなりました。

ただ音質につきましては、会場内でのビデオ録画のため、あまりいい状態とはいえませんが、音声のみのポッドキャスト(すゞはらひ配信分)は別系統で録音しておりますので、もうすこし聴き取りやすいかと存じます。

音声版はこちらへ。

すゞはらひ 「どんぐりと山猫」 (オーディオのみ)

          (2010/6/15)

|

« 馬車は草地を | トップページ