« おかしなはがきが・・・ | トップページ | そこは・・・ »

笛ふきの瀧

「donguri2.m4v」をダウンロード

宮澤賢治原作「どんぐりと山猫」第二回

音楽:柳沼和子 朗読:みさきすずか

 一郎がすこし行きますと、そこはもう笛ふきの滝でした。笛ふきの滝といふのは、まつ白な岩の崖のなかほどに、小さな穴があいてゐて、そこから水が笛のやうに鳴つて飛び出し、すぐ滝になつて、ごうごう谷におちてゐるのをいふのでした。
 一郎は滝に向いて叫びました。
「おいおい、笛ふき、やまねこがここを通らなかつたかい」滝がぴーぴー答へました。
「やまねこは、さつき、馬車で西の方へ飛んで行きましたよ」
「おかしいな、西ならぼくのうちの方だ。けれども、まあも少し行つてみやう。ふえふき、ありがたう」
 滝はまたもとのやうに笛を吹きつゞけました。
 一郎がまたすこし行きますと、一本のぶなの木のしたに、たくさんの白いきのこが、どつてこどつてこどつてこどつてこと、変な楽隊をやつてゐました。
 一郎はからだをかがめて、
「おい、きのこ、やまねこが、こゝを通らなかつたかい」
とききました。するときのこは
「やまねこなら、けさはやく、馬車で南の方へ飛んで行きましたよ」とこたへました。一郎は首をひねりました。
「みなみならあつちの山のなかだ。おかしいな。まあもすこし行つてみやう。きのこ、ありがたう」
 きのこはみんないそがしさうに、どつてこどつてこと、あのへんな楽隊をつづけました。

底本 : 筑摩書房刊 「校本宮澤賢治全集 第11巻」

  

☆ iTnesStore ビデオキャストカテゴリに登録されました。

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=288075808

こちらのリンクをクリックしていただくと、

"One moment please"

と英文の案内が表示されたのち、iTunes が立ち上がります。

まだ iTunes がPCにインストールされていない方は、ダウンロードサイトに移りますのでそちらでiTunes を入手後、インストールしてください。

また、すでにインストールされている場合でも、新しいバージョンでないとご覧いただけない場合があります。

インストールが完了しますと、「すゞはらひ~HANARE」 「どんぐりと山猫」~音楽と朗読の対話~のURLが開きますので、登録ボタンをクリックしてください。

エピソードのダウンロードが始まり、完了後、Wクリックでご覧いただけるようになります。

[宮沢賢治]  [童話]  [山猫]

|

« おかしなはがきが・・・ | トップページ | そこは・・・ »