« モティーフ | トップページ | 笛ふきの瀧 »

おかしなはがきが・・・

「donguri1.m4v」をダウンロード

宮澤賢治原作「どんぐりと山猫」第一回

音楽:柳沼和子 朗読:みさきすずか

おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。

かねた一郎さま 九月十九日
あなたは、ごきげんよろしいほで、けつこです。
あした、めんどなさいばんしますから、おいで
んなさい。とびどぐもたないでくなさい。
     山ねこ 拝
こんなのです。字はまるでへたで、墨もがさがさして指につくくらゐでした。けれども一郎はうれしくてうれしくてたまりませんでした。はがきをそつと学校のかばんにしまつて、うちぢう飛んだりはねたりしました。
ね床にもぐつてからも、山猫のにやあとした顔や、そのめんだうだといふ裁判のけしきなどを考へて、おそくまでねむりませんでした。
けれども、一郎が眼をさましたときは、もうすつかり明るくなつてゐました。おもてにでてみると、まはりの山は、みんなたつたいまできたばかりのやうにうるうるもりあがつて、、まつ青なそらのしたにならんでゐました。一郎はいそいでごはんをたべて、ひとり谷川に沿つたこみちを、かみの方へのぼつて行きました。
すきとほつた風がざあつと吹くと、栗の木はばらばらと実をおとしました。一郎は栗の木をみあげて、
「栗の木、栗の木、やまねこがここを通らなかつたかい」とききました。栗の木はちよつとしづかになつて、
「やまねこなら、けさはやく、馬車でひがしの方へ飛んで行きましたよ」と答へました。
「東ならぼくのいく方だねえ、おかしいな、とにかくもつといつてみやう。栗の木ありがたう」
 栗の木はだまつてまた実をばらばらとおとしました。

底本 : 筑摩書房刊 「校本宮澤賢治全集 第11巻」

 Dongri_3 どんぐりと山猫Ⅰ(音声版)

[宮沢賢治]  [童話]  [山猫]

|

« モティーフ | トップページ | 笛ふきの瀧 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083045/35290319

この記事へのトラックバック一覧です: おかしなはがきが・・・:

» 「どんぐりと山猫1」 [すゞはらひ]
宮澤賢治原作「どんぐりと山猫」より第一話 音楽:柳沼和子 朗読:みさきすずか [続きを読む]

受信: 2010/06/16 06:46

« モティーフ | トップページ | 笛ふきの瀧 »